中学受験で家庭教師を選んだ理由

元々、公立の中学校に進学する予定でしたが、突然息子自身が、中学受験をしたいと言い出したので、慌てて受験対策に乗り出しました。当然ですがほとんどノウハウもなく、まず志望校の情報や、塾選びから右も左も分からず、しばらく大騒ぎになってしまいました。
近所ではそれなりに実績があると評判の個別指導塾があり、まずそこへの入塾を考えました。しかし偶然にも、中学受験で合格した子が近所にいたので、相談に乗って頂いたところ、家庭教師をおすすめして頂きました。中学受験で最も大切なことは、家での継続した勉強を行うことだそうです。塾でも夏期講習や特別講習などはあり、集中的に指導をして貰えますが、家庭教師であれば、自宅内で勉強する習慣を身につけることにつながるというので、夫婦と親子で相談し、家庭教師を選択しました。
親の視点で良かったと思うのが、家庭教師は親と接する機会が多いので、ちょっとした相談や、気がかりなことをすぐに伝えられることです。例えば、昨日の夜は算数のこの問題ができずに困っていた、今日はどうにもやる気がなさそうなんで喝を入れてください、といった程度のことですが、そのような情報をすくいあげて貰えて、良かったと思います。やや遅めの学習開始でしたが、無事合格でき、今は自分の目標に向かって一生懸命やっています。そんな息子の姿を見ることができて、本当に嬉しく思います。

【コンテンツ】