中学受験と家庭教師の関係性

私の息子は、小学4年生のときから、周りの友達の影響もあり、中学受験を意識するようなことを言い出しました。私自身も自分自身の経験も考え、少しでも早く動き出したほうがいいと思っていましたので、進学塾に行かせるか家庭教師を選択するか迷っていました。もちろん、息子の意思を尊重したい気持ちもありましたが、私のほうで、ネットの口コミ情報サイトなどを参考にして、より良い勉強方法を探していました。同級生の親御さんとも中学受験の話題で盛り上がっていました。結局、熟慮したうえで、最初は家庭教師をつけることにしました。現役の有名大学に在籍中であるという先生に来てもらい、息子も意欲的に勉強に取り組んでいました。息子にきくと、その家庭教師の先生は、どうやら教え方が上手であるうえに子供たちの流行りのことも知っているようで、休憩中に話す話題が特に面白いということでした。
中学受験まで、一年を切ったころから、息子が塾にも行きたいといってきたので、駅前の塾にも通わせることにしました。そんなこんなで、息子は、希望の学校に合格することができ、喜んで学校に通っています。私自身の経験から考えると、いかに本人が意欲的に勉強に集中できる環境をつくってあげるかどうかが大切だと思います。

【コンテンツ】